読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shinonoの戦術理論 中級編 防衛による出撃

「セネリオトップは前衛70点を2体出せればいい」

3弾出た当初にセネリオ使いの方が言っていた台詞です。前衛2体を倒すのに主人公と追加一体と考えると、殲滅さえミスらなければアドが取れる為恐ろしいよね。

 

という事でリアルで引っ越しを行なっていたので1週間ぶりの投稿です。最後の出撃理由、防衛出撃についてです。

 

基本主人公はCCによる高戦闘力とオーブというリトライがあるので、壁になって他ユニットを守るプレイングを行う方が多いです。けどどうしてもダメージを受けたくない、そんな状況ありますよね?一覧を下記に

 

…主人公がCC出来ない

…オーブが少ない

 

主人公が下級のままだとあっという間にオーブ全削れされてしまいます、オーブ破られてたまたま来る時もありますが稀です。退避落ちからのライブ回収する為に、他ユニットを犠牲にしてリトライを温存が吉です。

またオーブが1枚とかになった時も重要です、僅差の接戦を制する為にユニットの生存を意識し過ぎて主人公が死んでしまうこともよくあります。集中攻撃が来ると思ったら攻撃後に天空の運び手なんかで後列移動しておくと結構長く生き残れると思います。

 

とまぁこんな感じです…例外はどのゲームでも付き物、一応番外編ですがアウトローも書いておきますね。例えば

 

…主人公のCC先が戦闘力60以下

…主人公効果がチート級

…低速コントロールデッキ

 

こんな感じのデッキは変則な行動をします。最近では様々なデッキが横行してるので、一例としてセネリオ主人公型を見てみましょう!

 

CC3セネリオ 価格1500〜2000円(3弾ブースター収録、女の子説有り)

f:id:shinono_o:20161202182707p:image

他色とは全く違う動きをする緑でも特に人気がある一枚、副官としてサポートするも良しな強カード。今回はそんな彼を主人公として置いて動きを説明します。

まず目に付くのが戦闘力60の射程1.2という事、前衛に置くには不向きなカードです。こんなカードを主人公にして前衛に置けばすぐにオーブが割れてしまいます。しかし効果も強力で、ターン開始に手札が3枚以下なら始めの1ドローを行う前に1枚デッキ上から引く事ができるのです…主人公としての魅力もあるでしょ?(もう一個の効果は今回の説明に関係が無い為割愛します)

彼(女)を撃破されないようにするには可能な限り後列に置き集中攻撃を避ける必要があります、姫にナイトは付き物です…前線にユニットを出しましょう(フレデリクやグレイル等)。

そして後ろから攻撃を行い前衛で主人公等を倒すスタイル、手札調整は回避で調整、出撃2回で手札2枚調整でもドローで回収が同じなので優位に立てます。

 

番外編は例外な動きなのでまずは防衛出撃は主人公守る為と思っていたたければ大丈夫です。劣勢の際は一度考えて次手まで持たせることを考えて見てください。ではでは^_^