読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shinonoの戦術理論 中級編 デッキスピードについて

「オグマ相手にエリーゼは無理っすわw」

エリーゼ側からしたら相手が事故っても殴られ続ける未来が見えますね(哀れ)。

 

今更になってですがデッキのスピードについて触れたいと思います。展開、敵主人公を撃破を行う速度の事…なんのこっちゃ?な方は前回の記事に書いてある最低速とかのことです、自分的にはこの5種に分けますね

 

…最速型(ウィニー

…速攻型(中速寄りのスピード型)

…中速型(汎用)

…低速型(終盤で仕留める系)

…最低速型(永久機関

 

まず最速型ですが、番外編で書いたキヌのように序盤から大量展開して相手が体制を整える前に倒し切るスタイルです。主な主人公としてはオグマやウード、最近だとニュクスなんかが挙げられます。

このタイプの最大の特徴としては支援に攻撃の紋章が多いこと、後はごく稀ですがCC先を入れていない方もいます(初めて当たったら度肝を抜かれると思います)。キルゾーンはT3.4を目標にしており、ここを超えた辺りで手札が枯渇するので超えたら勝つのは諦めて下さい。中速型より後の速度に非常に強いです…冒頭のエリーゼのようになります。

 

速攻型は最速型よりもリスクを抑えた基本に忠実かつ攻撃を優先にしたデッキです。前回のサイファ祭優勝者様のデッキは中速と言われていますが、自分的にはこの型だと思います。主な主人公にカムイ男女やヒノカなど低コスト展開や中堅を連続出撃等のユニットが多いです。

特徴としては最速型程では無いですが攻撃の紋章が多いです、またC1で50点から攻撃できるユニットを採用してる方が意外と多いです。後は事故防止にCC先を増やしたりライブ入れたりと基本に忠実です、ただターンを重ねる毎に手札もですが絆がリバースされて苦しくなる傾向があり短期決着を求められます、理想はT5.6ほどです。最低速と最速型には若干有利、それ以外にも相性は悪く無いです。

 

中速型は1番安定している型です、盤面や相手によってプレイングを変えられるのが特徴です。主な主人公にシグルド、マークス、ワユ等正直どのユニットでも動かせられると思います。

けどこういう系ってアニメとかでも目立たないよね?と思う方、そのとうりです基本に忠実過ぎて器用貧乏です(爆発力に欠ける)。ですがどんなユニットにでも対抗出来るようライブ要員、副官やドロー要員も考えて入れられてるデッキが多く、目立たなさは主人公の特色に染めてあげたら良い動きをします。キルゾーンは無いです、相手によってスピードを変えて下さい。ただ最速型と最低速の我には敵いません、最善手を打ち続けて隙を見てワンチャン狙うしか勝ち筋は無いでしょう。

 

低速型は序盤を凌いで中盤以降からアドを取り続け相手を疲弊させるスタイルです…自分が1番得意な戦法です。主人公にはアイク、ミカヤエリウッドなど強力なスキル持ちが多いと思います。

基本は主人公を守りつつ敵を殲滅する動きを行う為序盤がかなり辛いです。また強力なスキル持ちは大体支援20以下なので脆いです、天馬ガン積みし過ぎると攻撃ユニットが少なくなるので殲滅し損ねて敗北なんて日常茶飯事です。これらを乗り切った時、相手はハンドが無くお手上げしてると思います。キルゾーンはT8程です、相手の手札が3枚以下になっているでしょう。攻防が重視されます、最速型と速攻には弱いです、中速型は強いかな?

 

最後に最低速についてです、前半はひたすら防衛を行いコンボが整ったら永遠とスキルアドを取り生き延びるスタイルです。主人公にはエリーゼ、ディアドラ、セネリオなど女性ユニットしかいません(セネリオは間違えではないです)。

まず対戦相手と戦う前に…資金と戦う羽目になると思います。と言うのも脇に置くユニットでも手札補充(ノノやニノなど)、壁を置くにも竜や強力なスキル持ち(チキノノルフレ男)、基本1枚1500円以上するカードが群を成している為、出来上がった時には3万円を軽く超える札束デッキになっているでしょう…初心者や学生さんにはオススメしません。

次に防衛関連ですがまぁ支援20しか出ない上そもそものユニット戦闘力が最低値なので攻撃も防衛も上手くいきません…じゃあ弱いの?本当にプレイングが上手い人が使ったら勝率8割は超えると思います。オーブを破るタイミングや回避と必殺の使い方次第と言っておきましょう(自分には無理です)。低速以外には基本劣勢です、自分の世界(T10経過)に誘えば負けないでしょう。

 

以上でデッキスピードについて説明を終わります…けどこれらは自分の偏見な上に主人公次第では覆すことは容易だったりします、そのうち主人公タイプについて説明もしようかな。では良いお年を。